敏感肌ナビ>敏感肌の化粧品選び>無添加とは

敏感肌と無添加とは

敏感肌だから無添加の化粧品じゃないと、と考える方は多いですよね。でも、「無添加化粧品」ってなんのことかご存知ですか?ここでは無添加の定義について詳しく説明しています。

 

 

無添加化粧品とは

「無添加」とはそのままの意味を捉えれば「添加をしていないこと」です。では、何を添加していないもののことなのでしょうか?
2001年3月までは、厚生省が指定した成分、102種類+香料を添加していない化粧品のことを「無添加化粧品」と呼んでいました。全成分表示が義務付けられている今では、実質決まりはありません。ただ以前の名残で、この旧表示指定成分が配合されていないものを現在でも「無添加化粧品」と呼ぶ場合がほとんどです。

 

 

旧表示指定成分とは

今私たちが化粧品を買うとき、成分表示を見ればなにが入っているのかは全ての成分が分かります。この「全成分表示」が義務付けられるようになったのは、2001年4月1日からです。それ以前は、1980年に厚生省によって定められていた102種類(+香料)の成分表示のみでした。
この102種類の基準は、「人体に害のあるアレルギーを起こす恐れのある物質」と厚生省が定めたものです。この成分のことを「旧表示指定成分」といいます。濃度・体質などによりアレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分であり、危険な成分という訳ではありません。あくまでも、「可能性のある」成分ということです。

 

 

全成分表示

化粧品に含まれる原料は全て表示しなくてはなりません。また、上から順に含有量の多い順となっています。濃度に決まりはありませんが、上のほうに明記されていれば濃度が高いということになります。
全成分表示の義務付けにより、何が良くて何が悪影響があるのかという区別がつかなくなりました。また濃度の指定もありません。自分で判断する目を持たないといけない時代になったのです。
一般的に「無添加化粧品」というのは、この旧表示指定成分を添加していない化粧品のことを指している場合がほとんどです。
ただ、旧表示指定成分以外の防腐剤・色素などは使われている可能性があります。